Admin

オリジナル小説はサイトTOPのほうになります。上のサイト名よりどうぞ。

 ✤ プルマリ
Posted on 08.2006



『はい♪どうぞ』
『アイスくらい私が買いますよ』
『いいのです。こうして半分こして食べると美味しさが2倍になるのですよ~』
『そうなんですか?』

『あ、ソロイを見つけましたよ』
『やはり目立ちますねぇ・・』
『・・・あれ?』
『・・・・・巡回・・でしょうか?』
『それはもっと下の者の役目だと思いますが・・』
『でも、ソロイさんがファンシーショップに個人的な用があるとは思えないんですけど・・あ、何か買いましたね。!・・・しかも、リボンをかけるように言っています!』
『・・・・・・・・・ソロイに似た人間がもう一人いるのと、
 あれが本当にソロイであるのと・・どっちがまだ有り得ると思いますか・・?』

降誕祭イベント用らしい(笑)
何でしたっけ・・星読みの間?何かそんなのがありましたよね。そこと思ってください。
柱一本でそう思ってくれとは私もムチャを言うが。

棒が二本ついていて、ペキッと割って二本に分けて食べるアイスをご存知でしょうか。
わたくしが小さい頃はあったのです。
主にソーダ味だったと記憶しています。
スポンサーサイト

cetegory : 乙女ゲーム二次創作  ✤   ✤ 
2006年09月08日(金)  16:32 by 菊永まき

 ✤  BLOG TOP  ✤